2014年3月7日金曜日

ダイブ練習の弊害(?)

今日はダイブ練習でもしてみようかと思い寝るときやってみました。
ちなみにわたしはダイブ経験はありません
なのであくまでもここに書いていることは自分の考えであり、こうすれば必ずできるという物ではないかもしれないということにお気をつけ下さい


私の考えている手順を説明すると

全身を弛緩させ、体の感覚を減らしつつダイブ世界をイメージ
ここでイメージするダイブ世界は四角い部屋でもベッドルームでも大自然の中でも自分の部屋でもはたまた会社の席でもどこでもいいんですけども
自分が一番思い出しやすい、イメージしやすいものにするのが早く成功させたい人にとっては一番大事です
あくまでもこれは自分の想像力がそこまで高くないからなので、想像力の高い人や自分はこのダイブ世界から絶対開始したいんだ!っていう人はそちらをイメージしても構いません

次にダイブ世界の中で自分で自分の体を動かす感覚をイメージする
この自分で自分の体を動かす感覚というのは、傍から見て「おーこいつ動いてる動いてる」ではなく
自分で腕や脚、首、手などの自分の体自分の意識で動かす感覚をイメージすることです

それと平行してその体で感じる五感をイメージします
イメージするのは触覚視覚聴覚嗅覚味覚の5つなんですけど自分にはまだハードルが高いので
触覚視覚だけイメージしています。

そしてこの全てのイメージを自分の納得の行くリアルさまで成長させればおめでとうございます

あなたはダイブに成功しました


ただこれだけなんですけどただそれだけなんです
これが難しい難しい
ちなみにこれ本編じゃないんです
ついでに書こうとしただけなんです


ここから本編ですけど
これの弊害です

体を弛緩させることで体の血行がよくなりだるさが出てきます
一方脳は普段以上にいろいろな事を鮮明にイメージしようとするので活性化します
そして普段以上に頑張った脳は活性化しつつも疲れてしまい集中力が無くなってきます

皆さんこのような経験は無いですか?
すごく体はだるいのに何故か寝ることができない
そう、そうです。

頭は起きようとしているのに体は寝ようとして結果
意識ハッキリ体はだるい
しかも集中力が切れているから同じことを続けることができない
結果ここから離脱にも移行できずダイブ練習を続けることもできず起きてきました

ちなみに寝ようにも寝れなかった時間3時間

人間の集中力が続く平均時間って50分でしたっけ?
つまり1時間を超えた辺りで既に無謀な挑戦だったわけですねはい
なのでみなさんは
ダイブ練習は30分ごとに区切るかそこで寝る、または離脱に移行することをおすすめします


ということで終わり
敬語疲れた変な言葉遣いあるかもしれないけど気にしないで
12時に寝ようと布団に入って3時15分に布団から出たよこんちくしょう
今日はトイウォ移行だし他にやることあるし忙しいんだよなのに寝れなかったよ
誰か二次画像zipとかきれいな景色zipとか戦艦zipとかください

あとコメント出来る人をログインした人に限ってたみたいです今この記事書き終わってから気づきました解除しといたんで愚痴言いたい人もどうぞ別に個人情報知りたかったわけじゃないんです

0 件のコメント: